Modified Minimally Invasive Surgical Technique(M-MIST)

読み

もでぃふぁいど みにまりー いんべいしぶ さーじかる てくにっく

説明

2009年にCortellini & Tonettiによって考案された方法である。

MIST同様に切開を行うが、歯間乳頭は剝離せず、骨内欠損上の歯肉の厚みを確保したまま掻爬を行う術式。より低侵襲な術式である。 

 

 

 

参照

Cortellini P, Tonetti MS. Improved wound stability with a modified minimally invasive surgical technique in the regenerative treatment of isolated interdental intrabony defects. J Clin Periodontol 2009;36(2):157-163.

 

 

執筆・出展

蓮池 聡(日本大学歯学部歯科保存学第Ⅲ講座)