IgE抗体

読み

あいじーいーこうたい

説明

タンパク質でできている免疫グロブリンの一種。免疫グロブリンには、IgE、IgG、IgA、IgM、IgDの5種類の抗体が存在し、それぞれ侵入してきた病原体を無力化するように働く。

IgEは、特に好塩基球や肥満細胞の表面に受容体を介して結合し、ヒスタミン、ロイコトリエン、プロスタグランジン、トロンボキサン、ブラジキニンなどを放出する。その結果、血管拡張、毛細血管透過性の亢進、気管支収縮、分泌の亢進、腹痛などの症状を引き起こす。IgEは即時型の反応であり、これらの症状がすぐに現れる。