会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

指尖血清抗体価検査 - WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

指尖血清抗体価検査

読み

しせんけっせいこうたいかけんさ

説明

細菌に対する血液中の抗体の量を測定することで歯周病の重症化を判断する検査。

 

A.a:若年者の侵襲性歯周炎の疑いあり。中高年以降の慢性歯周炎でもまれに抗体価の上昇がみられる。

P.g:慢性歯周炎の疑いがある。抗体価が5以上ならば、重症である疑いが強い。

P.i:急性期の危険性が高い。特に急性発作や腫瘍形成などの場合に抗体価の上昇がみられる。

E.c:嫌気と好気の条件が共存する状況に多い。軽度の歯周炎や歯周病の再発の時に抗体価の上昇がみられる。

 

 

執筆・出典

長谷川 嘉昭(東京都開業)