Minimally Invasive Surgical Technique(MIST)

読み

みにまりー いんべいしぶ さーじかる てくにっく

説明

2007年にCortellini & Tonettiによって考案された方法である。

骨内欠損上の歯間乳頭部に水平切開を入れ、頬側歯肉と歯間乳頭の両方を剝離する。必要最低限の剝離を行い、掻爬する。血餅保護と初期閉鎖を重視した治療法である。

 

 

 

参照

Cortellini P, Tonetti MS. A minimally invasive surgical technique with an enamel matrix derivative in the regenerative treatment of intra-bony defects: a novel approach to limit morbidity. J Clin Periodontol 2007;34(1):87-93.

 

 

執筆・出展

蓮池 聡(日本大学歯学部歯科保存学第Ⅲ講座)