会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

Minimally Invasive Surgical Technique(MIST) - WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

Minimally Invasive Surgical Technique(MIST)

読み

みにまりー いんべいしぶ さーじかる てくにっく

説明

2007年にCortellini & Tonettiによって考案された方法である。

骨内欠損上の歯間乳頭部に水平切開を入れ、頬側歯肉と歯間乳頭の両方を剝離する。必要最低限の剝離を行い、掻爬する。血餅保護と初期閉鎖を重視した治療法である。

 

 

 

参照

Cortellini P, Tonetti MS. A minimally invasive surgical technique with an enamel matrix derivative in the regenerative treatment of intra-bony defects: a novel approach to limit morbidity. J Clin Periodontol 2007;34(1):87-93.

 

 

執筆・出展

蓮池 聡(日本大学歯学部歯科保存学第Ⅲ講座)