急性冠症候群

読み

きゅうせいかんしょうこうぐん

英語(スペル)

Acute Coronary Syndrome(ACS)

説明

冠動脈(心筋に血液を供給している動脈)に蓄積したアテローム(動脈の内膜にコレステロールなどの脂肪がたまっていき、ドロドロとした粥状になったもの)の突然の破裂が引き起こす一連の臨床症候群のこと。

 

脂質に富み、薄い線維性被膜を持つアテロームが突然破裂すると、同部に血小板が凝集して血栓が形成される。血栓により冠動脈が完全に閉塞すれば心筋梗塞、不完全な場合は狭心症となる。