会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

歯科医院の法律相談 Q&A 第3回「謝罪文を書いてほしいと言われたら」 / 田村 勇人 - WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

弁護士法人フラクタル法律事務所代表の田村です。
 
本連載では、私が弁護士として携わってきた案件や日常的に寄せられる数多くの質問の中から、代表的なテーマを毎回1つピックアップして、解説をしてまいります。皆様のクリニックに当てはめて考えていただけますと幸いです。
 
第3回のテーマは「謝罪文を書いてほしいと言われたら?」です。
 

それでは早速Q&Aを始めていきましょう。
 
謝罪文や経緯書を求められた場合、どのように対応すれば良いですか?
診察した患者さんが、数日後に再度来院して、「あなたの治療のせいで抜歯することになった」と言ってきました。
 
話を聞いたところ、当院を含めて三か所の歯科医に診てもらい、最終的に抜歯したそうです。当院が診察したのは二番目で、抜歯の原因になったのは当院の治療ミスだというのが患者さんの主張でした。
 
ミスになるような治療を行った覚…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

執筆者

田村 勇人の画像です

田村 勇人

弁護士

フラクタル法律事務所 代表パートナー

LINEで送る

記事へのコメント(0)

関連記事

人気記事ランキング

おすすめのセミナー

冬2の画像です