より安全な歯科医療の普及のために 第1回「日本における歯科麻酔学教育の現状と問題点」
臨床 2017/02/15

より安全な歯科医療の普及のために 第1回「日本における歯科麻酔学教育の現状と問題点」

超高齢社会を迎えたわが国において、歯科患者の多くが呼吸器疾患、循環器疾患、内分泌疾患など様々な全身疾患を合併している。
 
また、歯科医療の進歩によりインプラント治療など比較的高侵襲な処置の頻度が増加し、患者が従来の歯科治療では経験しなかったストレスにさらされる機会は少なくない。そのような現状において歯科治療中またはその前後に患者が全身的偶発症を発症する危険性がある。
 
すべての患者に…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

LINEで送る

歯科医師コメント(0)

コメントをみる・投稿する

コメント機能のご利用には歯科医師確認が必要です

人気記事ランキング

おすすめのセミナー