Composist(コンポジスト)とは、数年前に私が作った造語です。Composite resinを扱うArtistということで、CompositeとArtistをつなげて一語で表しました。
 

 
歯科医師はアーティスト的な感覚を必要とする職業です。しかし最近、私は別の考えをもつようになりました。どういうことかというと、アーティストとは個性を出してよい職業であり、個性こそが重要で個性こそが評価に値すると言っても過言ではありません。一方で、われわれ歯科医師が行っている歯科治療、特に歯科保存修復においては個性を出してはいけない治療です。つまり、私が治療した部位は私が治療したと分かってはいけないのです。
 

 
ということは、われわれ歯科医師は決してアーティストではなく、病気になってしまった歯を保存修復し、元の歯のように戻す職業。言ってしまえば絵画や仏像の修復士と同じであり、もし彼らが自分の個性を出してしまったとした…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

執筆者

青島 徹児の画像です

青島 徹児

歯科医師

青島デンタルオフィス oral refresh space
Esthetic Explorers 副会長

日本大学歯学部を卒業後、同大学クラウンブリッジ学講座に入局。審美歯科を中心に研究・教育に従事。埼玉県入間市にオフィスを開設後は、GPとして臨床にあたる。接着性修復を得意とし、著書多数。国内外で講演活動も行なっている。

LINEで送る

歯科医師コメント(0)

コメントをみる・投稿する

コメント機能のご利用には歯科医師確認が必要です

人気記事ランキング

おすすめのセミナー