歯には生涯にわたり色々な力が加わります。そのほとんどが咬合力で、歯に何らかの力が加わると歯はすり減り、エナメル質は亀裂を生じながら力を分散させています。
 

 
このように、亀裂がある歯のほとんどは切縁部が欠けたり咬耗したりしていて、かなりの力が加わっているのが分かります。しかも亀裂のほとんどは縦か斜めで、私が今まで観察してきた天然歯観察眼からすると、咬合力による亀裂は縦、外傷による亀…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

LINEで送る

歯科医師コメント(0)

コメントをみる・投稿する

コメント機能のご利用には歯科医師確認が必要です

人気記事ランキング

おすすめのセミナー