口腔内写真で記録を残すということの意味 ダイレクトボンディングの視点から
臨床 2018/01/15

口腔内写真で記録を残すということの意味 ダイレクトボンディングの視点から

全顎的な治療はどうしても期間がかかってしまいます。
しかしダイレクトボンディングの場合、少数歯であれば基本的にその日のうちに完了するので術前と術後の違いをその場で見ることができ、患者さんに感動していただくことが多くあります。 しかし4前歯や6前歯の治療になってくると話が変わります。
歯石や着色などの口腔内状況によって来院回数が増えてしまうため、術前のご自身の歯の状態を忘れてしまう患者さんが多く…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

LINEで送る

歯科医師コメント(0)

コメントをみる・投稿する

コメント機能のご利用には歯科医師確認が必要です

人気記事ランキング

おすすめのセミナー