なぜ、今「臨床解剖」か 〜Seattle Science Foundationから日本へのメッセージ〜 前編
臨床 2018/07/03

なぜ、今「臨床解剖」か 〜Seattle Science Foundationから日本へのメッセージ〜 前編

前編 Seattle Science Foundationが今、日本の歯科医療に貢献できること
 
学生からベテラン歯科医師まで、歯学教育のすべてのステージで必要な臨床解剖 
「損傷に気をつけなければいけない大きな副オトガイ孔が発現しやすい部位」を読者のみなさんはご存知でしょうか?
実際の臨床で、CBCTがない場合は解剖の知識で勝負するしかない場合も多くあります。そういった知識をGP・専門医に関わらずすべての歯科医師や…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

LINEで送る

歯科医師コメント(0)

コメントをみる・投稿する

コメント機能のご利用には歯科医師確認が必要です

人気記事ランキング

おすすめのセミナー