なぜ、今「臨床解剖」か 〜Seattle Science Foundationから日本へのメッセージ〜 後編 / 岩永 譲 - WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

後編 日本および米国解剖学教育のこれから
 
Seattle Science Foundation St. George’s University (Granada) 客員教授で、臨床解剖歯科医である岩永譲先生による連載『なぜ、今「臨床解剖」か 〜Seattle Science Foundationから日本へのメッセージ〜』。前編ではSeattle Science Foundation(SSF)が何をやっているか、日本の歯科医療にどう貢献できるかを解説していただきました。そして、中編では現在日本にある問題や歴史的な背景、献体制度がどのように医学の発展へ貢献してきたかを解説していただきました。岩永先生は世界で最も著名な臨床解剖医の一人であるDr. Tubbsに師事され、 口腔外科と臨床解剖に関する研究を中心にこれまで100編以上の論文を執筆されています。また、歯科医師としては世界初となる Atlas of Human Anatomy 7th ed. (Netter解剖学アトラスの原著第7版)のInternational Advisory Board に選出されたほか、2017年…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

執筆者

岩永 譲の画像です

岩永 譲

歯科医師・医学博士

Seattle Science Foundation
St. George’s University (Granada) 客員教授

LINEで送る

記事へのコメント(0)

人気記事ランキング

おすすめのセミナー

0825_3の画像です