なぜ、今「臨床解剖」か 〜Seattle Science Foundationから日本へのメッセージ〜 後編
臨床 2018/08/06

なぜ、今「臨床解剖」か 〜Seattle Science Foundationから日本へのメッセージ〜 後編

後編 日本および米国解剖学教育のこれから
 
Seattle Science Foundation St. George’s University (Granada) 客員教授で、臨床解剖歯科医である岩永譲先生による連載『なぜ、今「臨床解剖」か 〜Seattle Science Foundationから日本へのメッセージ〜』。前編ではSeattle Science Foundation(SSF)が何をやっているか、日本の歯科医療にどう貢献できるかを解説していただきました。そして、中編では現在日本にあ…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

LINEで送る

歯科医師コメント(0)

コメントをみる・投稿する

コメント機能のご利用には歯科医師確認が必要です

人気記事ランキング

おすすめのセミナー