今日から実践できる採用術 第3回「求職者が他の医院と迷っている」 / 伊藤 祐子 - WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

グランジュテの伊藤祐子です。
外資系航空会社のCA、外資系プライベートバンクを経て、歯科医院の法人理事として10年間毎日現場に立ってきた経験から、歯科医院のスタッフの採用と教育に関する連載をしています。よろしくお願いいたします。
 
求職者が他の医院と迷っている
見学に来た求職者が他の医院と悩んでいると言われたとき、どう対処しますか?
 

 
私は早めに「労働条件通知書」を求職者に送り、もし給与面や労働時間で気になることがあったら相談の上決めたいと伝えます。
コンサル先で、数件の歯科医院を見学、就職先を迷われている歯科医師の先生がいましたので、LINEを交換し、その晩に労働条件通知書をお送りしました。試用期間中の給与、残業代、セミナー参加補助、有給休暇について細かく記載しています。
早い段階で労働条件の通知、歯科医院として、しっかり仕組みができている、安心ができるということで就職を…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

執筆者

伊藤 祐子の画像です

伊藤 祐子

コンサルタント

株式会社グランジュテ 代表

客室乗務員時代に培った接遇とスイス系プライベートバンクで学んだお金のしくみを活かし、患者数が一桁に減っていた医院を継承後1年で経営回復、開業2年を待たず医院を法人化。現在歯科医院向け経営コンサルタントとして活躍中。雑誌連載、講演活動も行う。

LINEで送る

記事へのコメント(0)

人気記事ランキング