ビッグデータが導く。人工関節の患者に対し歯科の果たすべき役割とは? / WHITE CROSS編集部 - WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

末期変形性関節症の患者に対し行う人工膝関節全置換術(TKA:Total Knee Arthroplasty)は、機能を改善し、膝の痛みを軽減するための一般的な治療である。しかし、術後の合併症である人工関節感染が問題となっている。
この術後の人工関節感染の10%は、口腔内細菌によって引き起こされるものであることが知られている。
 
今回、台湾のチームの研究により、定期的な歯石除去が術後の感染症を減少させる可能性が報告された。
 

tibia bone cut;極めて侵襲性の高いopeである
 
術後の人工関節感染の発生率は2%ということであり、最も発生頻度の高い合併症となっている。再手術や、場合によっては死亡につながるため、予防が望まれていた。
菌血症は口腔内細菌が血流に入ることで成立するため、歯垢の体積や歯肉炎など、口腔衛生状態の不良な患者で発生頻度が上がることが判明している。
 
今回、台湾の国立成功大学(National …
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

執筆者

WHITE CROSS編集部

WHITE CROSS編集部

臨床経験のある歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士・歯科関連企業出身者などの歯科医療従事者を中心に構成されており、 専門家の目線で多数の記事を執筆している。数多くの取材経験を通して得たネットワークをもとに、 歯科医療界の役に立つ情報を発信中。

LINEで送る

記事へのコメント(0)

人気記事ランキング

おすすめのセミナー

0825_3の画像です