未処置根管を有する歯に対し歯内療法を行った一症例
臨床 2024/08/12

未処置根管を有する歯に対し歯内療法を行った一症例

WHITE CROSS編集部
予知性の高い歯内療法を実現するために大切なことは、
・根管内から起炎物質を可及的に除去すること
・処置中も根管充填後も含め、根管内への感染経路を遮断すること
の2つと考えている。
 
起炎物質の除去は、根管の機械的拡大・形成および根管洗浄で達成されるが、著しい石灰化や前医による不適切な処置などにより通常のアプローチが通用しない、いわゆる難易度が著しく高い症例も散見される。
 
本稿では、マ…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

WHITE CROSS編集部
LINEで送る

歯科医師コメント(0)

コメントをみる・投稿する

コメント機能のご利用には歯科医師確認が必要です

人気記事ランキング