桑田 正博

歯科技工士
1956年:愛歯技工専門学校 卒業
1956年:愛歯技工専門学校 勤務
1957年:歯科技工士 国家試験 合格
1962年 :愛歯技工専門学校より米国へ派遣 留学
1962年〜1963年:
ニューヨーク州 マウントヴァーノンラボラトリー 技術員
1963年〜1965年:
ニュージャージー州 セラミキャスト デンタルラボラトリー 技術員 アメリカンソメクラフト社 研究員
1972年:歯科卒後研修センター クワタカレッジ 校長
歯科技工の専門学校を卒業後、歯科技工士が国家資格化され、一期生として免許を取得する。母校である愛歯技工専門学校の派遣により渡米。ニューヨークにて苦学をしながらも研鑽を積む。その後「金属焼付ポーセレン(PFM)」の開発チーム加わり、技工のプロフェッショナルの立場からPFMの実用化に携わる。その功績が評価され、アメリカ歯科補綴学会(AP)フェローを始めとし、数々の名誉ある賞を受賞する。帰国後はクワタカレッジを設立し、国内外を問わず後進の育成に務めている。
ボストン大学歯学部(客員教授)、天津医科大学(客員教授)、アメリカ歯科審美学会(AAED)(ライフフェロー)、アメリカ歯科審美協会(ASDA)(フェローメンバー)、国際歯科セラミック学会(ISDC)(フェローメンバー)、国際歯科学士会(ICD)(名誉フェロー)、ヨーロッパ歯科審美学会(EAED)(名誉フェロー)、アメリカ補綴歯科学会(AP)(オーナラリーフェロー)、ロシア歯科医師会(名誉会員)