世界的には歯科医療への需要は大きく拡大している。([海外ニュース]世界的な歯科医療への需要の拡大)
 
その背景には、発展途上国の先進国入りにより歯科医療自体が社会に確立されはじめる地域が存在することや、先進国において最先端の歯科医療機器が広まることなどがある。
 
米国のマーケット調査会社であるCredence Researchのレポートによると、歯科医療用の光学印象機器の世界でのマーケットサイズは、2014年で58.6億円(1$=106円で計算)であり、2015年から2022年にかけて年率13.9%で成長すると予測されている。光学印象機器の導入における初期費用が下がること、リースなどの歯科医院向けの導入オプションが増えること、そして利便性の向上などがその加速要素として考えられている。
 
光学印象機器を用いることにより、歯科医療現場にも大きな変化が起こる。印象採得においてアルジネートやシリコーンなどを用いた従来の方…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

執筆者

WHITE CROSS編集部

WHITE CROSS編集部

臨床経験のある歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士・歯科関連企業出身者などの歯科医療従事者を中心に構成されており、 専門家の目線で多数の記事を執筆している。数多くの取材経験を通して得たネットワークをもとに、 歯科医療界の役に立つ情報を発信中。

LINEで送る

記事へのコメント(0)

人気記事ランキング

関連機材・薬剤

おすすめのセミナー