【臨床研修医必見】マージン出しの極意 ~フィットするプロビジョナルレストレーションを手に入れよう!~ / 西田 哲也 - WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

歯周治療において、プラークコントロールは最重要課題である。
 
プラークコントロールの主体は患者自身が行うセルフケアであり、歯周治療の結果を大きく左右する。よって、歯科医師が行う歯周治療とは、患者自身でプラークコントロールできるような ①テクニック(患者教育)を施し、②環境整備(プラークリテンションファクターの除去)を行うことにつきる。
 
歯周基本治療において、不良補綴物を撤去しプロビジョナルレストレーションを装着することは、プラークリテンションファクターを除去し、患者自身でのプラークコントロールをしやすくすることを目的としている。よって、支台歯のマージンにフィットするプロビジョナルレストレーションを製作することは、とても大事な治療といえよう。
 
ここでは、支台歯にフィットするプロビジョナルレストレーションのマージン出しのポイントについて解説する。
 
ポイント① ウォッシ…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

執筆者

西田 哲也の画像です

西田 哲也

歯科医師・歯学博士

日本大学歯学部 診療准教授

LINEで送る

記事へのコメント(0)

人気記事ランキング

おすすめのセミナー

0825_2の画像です