松川 敏久

歯科医師
1990年 大阪歯科大学 卒業
1994年 大阪府東大阪市 本多歯科 勤務
2001年 松川歯科医院(奈良県橿原市)開業
2003年 大阪SJCD副会長兼インストラクター就任

大阪SJCD
大阪歯科大学卒業後、本多正明先生や米国サンタバーバラのDr.Shanelecに師事。大阪SJCDの講師を務める傍ら、マイクロスコープを活用したマイクロサージェリーの技術習得のため米国にて各種コース受講。「できるかぎりクオリティの高い治療を提供する」ことをモットーに、マイクロスコープやCTといった最新設備を積極的に導入し治療に臨んでいる。現在は大阪SJD相談役を務める。
2003年、大阪SJCD副会長兼インストラクターへの就任を皮切りに、元 FRIADENT社、ノーベルバイオケア、ストローマン社、カールツワイス(顕微鏡)社など数多くの公認インストラクターとしても活躍している。