オールセラミック臨床で重要となるプロビジョナルと接着の考え方
臨床 2018/11/05

オールセラミック臨床で重要となるプロビジョナルと接着の考え方

All ceramicsの治療を行う際には必ずProvisional restorationを作成します。
 

 
その目的として、咬合の維持、隣在歯の移動防止、残存歯質の保護など様々なものがあると思います。
その中でも、私がProvisional restorationを作成するに重視している点は「最終修復物の厚みのコントロール」です。
 

 
このように、Provisional restorationをファイナルと同じ形で作成することで、部位ごとのクリ…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

LINEで送る

歯科医師コメント(0)

コメントをみる・投稿する

コメント機能のご利用には歯科医師確認が必要です

人気記事ランキング

おすすめのセミナー