大臼歯部に装着する通話デバイスが米国国防総省から資本調達 / WHITE CROSS編集部 - WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

米国カリフォルニア州のSonitus社は、Molar Micという全く新しい通話システムを開発している。先月、Sonitus社は、米国国防総省から約11億円の資本調達を行ったと発表した。この通話システムの正式名称はATAC™であり、Molar Micは米国空軍がつけたニックネームである。
 
出典: Sonitus_HomePageより
 
 
Molar Micは、3つの大きな特徴を有している。
1つ目は、通常の携帯電話とは異なり、ユーザーの大臼歯部の形状に合わせて製作されたカプセル状のデバイスで、実際に大臼歯部に装着して使用するという点である。
2つ目は、骨伝導を利用して相手の音声を聞き取るため、イヤホンなどは必要ないという点である。
3つ目は、風切り音などに左右されずに通話できるため、様々な過酷な環境において使用できるという点である。
 
口腔内に入れて使用するため、もちろん防水仕様であり、すでにアフガニスタンでの軍事行動など…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

執筆者

WHITE CROSS編集部

WHITE CROSS編集部

臨床経験のある歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士・歯科関連企業出身者などの歯科医療従事者を中心に構成されており、 専門家の目線で多数の記事を執筆している。数多くの取材経験を通して得たネットワークをもとに、 歯科医療界の役に立つ情報を発信中。

LINEで送る

記事へのコメント(0)

人気記事ランキング

0825_2の画像です