アルツハイマーの薬を使った新しい歯科治療法 キングス・カレッジ・ロンドン
ニュース 2017/01/13

アルツハイマーの薬を使った新しい歯科治療法 キングス・カレッジ・ロンドン

WHITE CROSS編集部
英国のキングス・カレッジ・ロンドンの研究チームは、アルツハイマーの薬を使用した歯科治療法を発表した。それによると、う蝕や外傷などにより本来根管治療が必要となった場合において、歯髄自体が持っている再生能力を活かして象牙質を再生させ歯髄を保存するという。
 
研究チームによると、Tideglusib というアルツハイマーなどの神経疾患の治験で使用されてきた薬剤の成分を含む小分子を用いることで歯髄の中に含まれ…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

WHITE CROSS編集部
LINEで送る

歯科医師コメント(0)

コメントをみる・投稿する

コメント機能のご利用には歯科医師確認が必要です

人気記事ランキング

おすすめのセミナー