抗生物質により口腔内の炎症が悪化する可能性 米国
ニュース 2018/10/05

抗生物質により口腔内の炎症が悪化する可能性 米国

WHITE CROSS編集部
米国のケース・ウェスタン・リザーブ大学の研究チームは、口腔の常在菌が免疫細胞の作用を保ち口腔内での炎症を抑制している一方で、抗生物質を過剰に使用するとその常在菌が抑制され、結果として炎症が悪化するという研究成果を、Frontiers in Microbiology紙において発表した。
 
抗生物質耐性菌の増加など、抗生物質の過剰使用の弊害は長年に渡り知られていたが、口腔領域において何が起こっているかについての研究は少…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

WHITE CROSS編集部
LINEで送る

歯科医師コメント(0)

コメントをみる・投稿する

コメント機能のご利用には歯科医師確認が必要です

人気記事ランキング

おすすめのセミナー