歯科医師の抗生物質処方量についての研究とガイドライン
ニュース 2016/09/02

歯科医師の抗生物質処方量についての研究とガイドライン

WHITE CROSS編集部
歯科医療では、歯周療法、歯内療法、そして外科領域において抗生物質がよく処方される。近年の研究において、明確な処方ガイドラインがある場合でも、歯科医師はしばしば不必要に抗生物質を投与しているというデータが示されているなか、世界的な抗生物質耐性菌の増加が問題視されている。(歯科医師による抗生物質投与量について)
 
処方される全抗生物質のうち、約10%を歯科医師が処方している英国において、ダンディー…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

WHITE CROSS編集部
LINEで送る

歯科医師コメント(0)

コメントをみる・投稿する

コメント機能のご利用には歯科医師確認が必要です

人気記事ランキング

おすすめのセミナー