会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

ビギナー歯科医師必⾒! コンポジットレジン修復の3つの作法〜第3回「整える」 / 宮地 秀彦 - WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

西暦2000年にFDIが初めてMinimal Intervention(MI)の考えかたを示してから、はや20年が経ちました。それから今日に至るまで、MIコンセプトにもとづく保存修復治療は着実に普及の方向に向かっています。今や、生活歯のみならず失活歯の修復においても、直接コンポジットレジン修復で対応することはけっして珍しくありません。
 
しかしながら、処置技法や器材などに対する正しい知識と理解が得られないまま、ただコストや時間ばかり重視した治療が多く行われ、その結果として歯科医療従事者と患者の双方において、不幸な関係性だけが残ってしまうことが多いのも実情です。
 
本連載では、筆者自身が日頃心がけており、皆さんも翌日から臨床で役立てることができるポイントなどについて解説できればと思います。
 
連載第3回目は「整える」、つまりコンポジットレジン修復の仕上げ・研磨にフォーカスを当てて解説いたします。今回も知識…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

執筆者

宮地 秀彦の画像です

宮地 秀彦

歯科医師・歯学博士

宮地歯科医院
大阪歯科大学 非常勤講師

京都府出身。高校時代はマスコミ志望だったが1995年の阪神・淡路大震災を契機に医学の道を志して、同年春に大阪歯科大学へ進学。
大学院での学位取得後、6年間の勤務医生活を経て大阪歯科大学に助教として復帰、保存修復学を中心とした臨床・教育・研究に従事。
同大学を退職して帰郷後も、自院での診療と並行して大学・歯科衛生士学校・企業主催のセミナーなどでの教育・指導、保存修復材料の研究を継続。
また近年は「SAVE THE ENAMEL!!」を主なテーマとしたグラフィックデザイナーとしても、幅広く活動中。

LINEで送る

記事へのコメント(0)

人気記事ランキング

おすすめのセミナー