あなたの歯科医院を差別化する正しい流儀② / 近 義武 - WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

こんにちは、歯科医師で集患・経営コンサルタントの近義武です。
 
この連載では歯科医院経営のコツ、患者に好かれる歯科医院の構築、収益性の向上などについてのヒントをお話ししています。
 
前回(第9回「あなたの歯科医院を差別化する正しい流儀①」)では、「新しい何か」で差別化を競うほど、患者の理解力では違いがわかりづらくなってしまうとお話ししました。
前回に引き続き、今回も「歯科医院での差別化戦略」をテーマにお届けします。
 
「技術」「機器や設備」での差別化も患者には響かない
患者の歯科医療に対する理解は、我々の想像をはるかに下回っています。プロと素人の違いは膨大なのです。
 
「技術」に関しては、日本で有数のレベルで、かつそれをマスコミがわかりやすく解説してくれたりしない限り、差別化ポイントになりません。患者が理解できないからです。
また、「機器や設備」による差別化は資金力…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

執筆者

近 義武の画像です

近 義武

歯科医師・コンサルタント

株式会社120% 代表
ヨシタケ歯科診療室 院長

歯学部卒業後、長年臨床の現場に立ち、同時に歯科医院経営の指揮をとる。単なる集患ではなく、いかに経営者の手元にキャッシュフローを残し、労働時間の価値を高めていくか、ということに主眼を置いたスタイルを確立。厳しい現状に窮する歯科院長の一助になりたい、との思いから、歯科医院経営のコンサルティングに取り組むIntellectual (インテレクチュァル)や株式会社120%の代表として活動している。

LINEで送る

記事へのコメント(0)

人気記事ランキング

おすすめのセミナー

0825_2の画像です