小畑法律事務所 

税理/労務/法務
小畑法律事務所は歯科医師でもある所長弁護士の小畑真と、弁護士の西田昌弘がご対応いたします。

私たちは、多くの医師・歯科医師の方のご相談を受けておりますが,特にここ数年,患者さんから医療ミスと言われているとのご相談が増加しております。メディアの影響もあり、今まではトラブルにならなかったことでも、「これは医療ミスではないか?」と思う患者さんが格段に増え、さらに医師にミスではないかという患者さんが格段に増えているのです。今後、医師・歯科医師の方にとっては、患者さん側が医師・歯科医師に対して疑問を持ちやすくなっていることと、その疑問をクレームという形で表現しやすくなっていることを頭に入れておく必要があります。

また、労務関係、賃貸借関係、承継関係のご相談のご相談も増加しております。より良い医療を継続的に行っていく上でも、事前準備を行うことはとても必要です。

様々なご相談に対応させていただいておりますので、ご気軽にご相談ください。

本社:〒060-0001 北海道札幌市中央区北1条西7丁目 3番地おおわだビル3階
電話:011-206-7618
◽️ 真の解決のために
問題を解決するにあたって、原因を分析することはとても大切です。なぜその問題が生じたのかを考えないで、単に表に出ている問題だけを解決できたとしても、問題の根を解消していませんから、また状況を変えながら、同じような問題が発生することも少なくないからです。当事務所は、個人のご相談も企業のご相談も、ご相談者・ご依頼者の目先の利益,目に見える利益のみを考えるのではなく、根本的な原因を考えながら、その奥にある利益を実現するために、中長期的な視点で対応することを心掛けております。

◽️ 医療現場と法律とのかけはし
所長弁護士である小畑真は、10年以上もの間、札幌市内の歯科診療所で患者さんの診療にあたるなどの様々な歯科臨床経験を有しているほか、麻酔研修や基礎研究を行い、学会発表や論文執筆なども多数行ってきた経験があり、現場を理解した医療業界に明るい弁護士です。とりわけ、歯科の領域については、医師と共通の言語で話ができますから、話をする際に、専門用語や治療内容を翻訳しなければならないという大きなストレスもなく、本質に踏み込んだご相談に乗ることができるということで、評価いただいております。

◽️ 紛争「予防」の視点
紛争になった際に、その時その時の状況に応じて、最善の対応を行うことは、弁護士として当然のことですが、紛争が生じないように、仮に生じたとしても大きくなる前に、これを防ぐことができれば、紛争解決にかかる時間的、金銭的、精神的な負担を少なく済ませることが可能になってまいります。医療と一緒で、紛争も「予防」が大切です。よりよいLIFEを送っていただけるように、「予防」の視点で、対応することを心掛けております。