日本の歯科医療は、先人達の努力により少しずつ前に進んできた。日本歯科医療には国際的に誇れる素晴らしい面がある。その一方で、改善していかなければならないこともある。
 
先日、90カ国に歯科医療情報を配信する国際的な歯科医療ニュースサイトにおいて、日本の歯科医療についての英文記事がトップで配信をされた。
 
記事では、「大阪の子供の半分が学校検診において歯科医院への受診勧告を受けても、実際に歯科医院を訪れない」という内容が、驚きを持って伝えられている。調査によると、虫歯・歯周病・その他の理由で、歯科医院の受診勧告を受けた児童の51%、中学生の70%、高校生の80%が実際に歯科医院を訪れていないとのことであった。
 
また、別の調査において学校からみての歯科医院の受診率の低さの原因としては、
・ 親の意識の低さ : 27%
・ 家庭の事情   : 21%
・ 経済的な理由  : 18%
などがあげ…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

執筆者

WHITE CROSS編集部

WHITE CROSS編集部

臨床経験のある歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士・歯科関連企業出身者などの歯科医療従事者を中心に構成されており、 専門家の目線で多数の記事を執筆している。数多くの取材経験を通して得たネットワークをもとに、 歯科医療界の役に立つ情報を発信中。

LINEで送る

歯科医師コメント(0)

コメントをみる・投稿する

コメント機能のご利用には歯科医師確認が必要です

人気記事ランキング