育児中の母親の孤独感、SNS利用と関連  京都大 / WHITE CROSS編集部 - WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

京都大学は8月24日、育児中の母親の孤独感には、SNSでのつながりや、家族、友人との社会的つながり、経済的状況、対人関係のパターン、気分不安障害の可能性の有無が関連していることがわかったと発表した。
 
この研究は、同大大学院医学研究科 社会健康医学系専攻 健康情報学分野の萬代真理恵 専門職学位課程学生(研究当時、現・京都大学医学研究科附属ゲノム医学センター教務補佐員)、中山健夫教授、高橋由光准教授、家曽美里博士課程学生らの研究グループによるもの。
インターネットやSNSの普及より変化した育児中の母親の環境
「ワンオペ育児」に象徴されるように、日本では、孤独な育児が社会問題となっている。
育児中の女性の孤独感は、母親自身の抑うつや健康状態の低下を招くのみならず、子どもの健康や虐待などへの影響の恐れもある。
しかしこれまで、育児中の女性に対する孤独感に関して、社会的要因として「インターネット上のつ…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

執筆者

WHITE CROSS編集部

WHITE CROSS編集部

臨床経験のある歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士・歯科関連企業出身者などの歯科医療従事者を中心に構成されており、 専門家の目線で多数の記事を執筆している。数多くの取材経験を通して得たネットワークをもとに、 歯科医療界の役に立つ情報を発信中。

LINEで送る

記事へのコメント(0)

関連記事

人気記事ランキング

おすすめのセミナー