味噌汁、ヨーグルト、納豆をよく食べる人は早期早産の発生が少ない 富山大 / WHITE CROSS編集部 - WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

富山大学は5月9日、早産のリスク因子を持たない女性で、妊娠前に、味噌汁、ヨーグルト、納豆を食べる頻度が多い人は、妊娠34週までに産まれてしまう早期早産の発生が少なくなることを明らかにしたと発表した。
 
この研究は、附属病院産科婦人科の齋藤滋教授(現富山大学長)と伊藤実香診療助手らの研究グループによるもの。 
 
早期早産の主要な原因の一つとされている細菌感染
妊娠37週未満の出産を早産といい、その中でも、34週未満の出産は「早期早産」と呼ばれる。
早期早産の主要な原因の一つとされているのが細菌感染で、歯周病も早産と関係があるという研究も多く発表されている。
 
そのような中、ヨーグルトや納豆はプロバイオティクス(※1)とも呼ばれ、乳酸菌や納豆菌が腸内細菌を変化させ健康増進にプラスに働くことも報告されている。
多数の商品が特定保健用食品の表示を認可されていて、中には免疫力を高め、細…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

執筆者

WHITE CROSS編集部

WHITE CROSS編集部

臨床経験のある歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士・歯科関連企業出身者などの歯科医療従事者を中心に構成されており、 専門家の目線で多数の記事を執筆している。数多くの取材経験を通して得たネットワークをもとに、 歯科医療界の役に立つ情報を発信中。

LINEで送る

記事へのコメント(0)

人気記事ランキング

おすすめのセミナー

0825_2の画像です