口唇口蓋裂(cleft lip and palate)は、頭蓋顎顔面領域において最も多い先天異常で、口唇または口蓋に裂の見られる先天性疾患である。発生頻度は人種によって異なるが、日本人における発生率は高く、おおよそ出生児500人に1人と言われている。
 
疾患の発生する領域が顔面領域であることから、審美的問題のみならず、哺乳障害に始まる摂食機能の問題、発音の問題、中耳炎、易う蝕性や歯列不正など、解決すべき課題は多岐に渡り、その治療に際しても、形成外科医、口腔外科医、小児歯科医、矯正歯科医、補綴歯科医、言語聴覚士、小児科医、耳鼻咽喉科医などのチーム医療が必要不可欠となる。
 
 

 
現代では、治療のフローやガイドラインも確立されており、適切な介入がなされれば、しかるべき成果を上げることができる疾患とされている。
 
しかし、卒前教育において患者や家族の側面にまでスポットライトが当たる機会は…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

執筆者

WHITE CROSS編集部

WHITE CROSS編集部

臨床経験のある歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士・歯科関連企業出身者などの歯科医療従事者を中心に構成されており、 専門家の目線で多数の記事を執筆している。数多くの取材経験を通して得たネットワークをもとに、 歯科医療界の役に立つ情報を発信中。

LINEで送る

歯科医師コメント(0)

コメントをみる・投稿する

コメント機能のご利用には歯科医師確認が必要です

人気記事ランキング

おすすめのセミナー