ビフィズス菌のう蝕誘発機能を解明  東北大
ニュース 2019/06/11

ビフィズス菌のう蝕誘発機能を解明  東北大

WHITE CROSS編集部
東北大学は5月29日、重度の小児う蝕患者から特徴的に検出されることが報告されているビフィドバクテリウム菌のう蝕誘発機能の一端について明らかにしたと発表した。
 
この研究は、歯学研究科口腔生化学分野の高橋信博教授、安彦友希助教および同研究科小児発達歯科学分野の馬目歩実歯科医師らの研究グループの研究によるもの。 
 
ビフィズス菌が重度の小児う蝕患者の口腔内から多く検出
ビフィドバクテリウ…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

WHITE CROSS編集部
LINEで送る

歯科医師コメント(0)

コメントをみる・投稿する

コメント機能のご利用には歯科医師確認が必要です

人気記事ランキング

おすすめのセミナー