コンポジットレジン修復を考えるにあたり、臨床的に有効なあるいは効果的として挙げられる部位は隣接面を含む臼歯部窩洞である。
 
これまで、その多くをメタルインレーに依存してきた Ⅱ 級窩洞修復であるが、歯質接着性の向上、コンポジットレジンの機械的強度の向上とともに、隔壁システムの操作性ならびに確実性の向上によって、直接修復はきわめて向上した(もちろん、これらを扱う歯科医師の製品に対する理解とともに、取り扱う技術も欠かすことはできない)。
 
このような観点からも、臼歯部における隣接面を含む臼歯部窩洞のコンポジットレジン修復は、歯科医師の知識と技量が存分に発揮されるケースであるといえる。
 
臨床においてはチェアタイムの制限を考慮する必要があり、修復操作には効率性が求められ、さらにその中で患者が満足する(もちろん術者も満足する)結果を得ることが求められている。そうであるからこそ修復操…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

執筆者

宮崎 真至の画像です

宮崎 真至

歯科医師・歯学博士

日本大学歯学部保存学教室修復学講座 教授

LINEで送る

記事へのコメント(0)

人気記事ランキング

おすすめのセミナー