洗浄の手間削減。セメントとタンパクの同時除去が可能なアルカリ洗浄剤、現場の声により実用化へ 東北大・ケディカ / WHITE CROSS編集部 - WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

東北大学と株式会社ケディカは4月17日、歯科用セメントとタンパク質汚れを同時に除去清浄化する洗浄剤「ケディクリーンTZK」および、医療用シャワー式洗浄機用「ケディクリーンEX」を共同研究開発し、2018年4月より株式会社シバタインテックから販売を開始したと発表した。
 
同大学病院臨床研究推進センター(CRIETO)では、医療現場での事業発掘プログラム「アカデミック・サイエンス・ユニット(ASU)」を運営している。今回販売開始した「ケディクリーン」は、ASUプログラム参加企業との共同研究開発から生まれた製品であり、プログラム開始から初めて実用化まで進んだプロジェクト。
 
医療現場の強い要望により製品の開発が推進
本製品は、同大学病院内の洗浄滅菌した医療器具を供給する材料部で、根管治療に用いる歯科器具に固着する歯科用セメントの除去とタンパク質洗浄除去とを両立するアルカリ洗浄剤が強く求められてい…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

執筆者

WHITE CROSS編集部

WHITE CROSS編集部

臨床経験のある歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士・歯科関連企業出身者などの歯科医療従事者を中心に構成されており、 専門家の目線で多数の記事を執筆している。数多くの取材経験を通して得たネットワークをもとに、 歯科医療界の役に立つ情報を発信中。

LINEで送る

記事へのコメント(0)

人気記事ランキング

おすすめのセミナー