患者さんに伝わりやすい!お口年齢(口腔機能年齢)って? / WHITE CROSS編集部 - WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

90歳の方で、ドライバーで150ヤードしか飛ばなくなった方に「あなたは飛距離が落ちているので、筋トレ、ジョギング、練習場通い、コーチのレッスンをもっとしないとだめですよ」といった指導が適切でしょうか?
「90歳で150ヤード飛ぶのは素晴らしいです。ただ、ドライバーをシニア用に変えるともっといいかもしれませんね」といった指導の方がよくないでしょうか?

 

ゴルフを例に挙げ、歯科医療従事者の患者指導に警鐘を鳴らすのは、昭和大学歯学部高齢者歯科学講座の佐藤裕二教授。

 

2018年4月に、「口腔機能発達不全症」「口腔機能低下症」という、口腔の機能に関する疾患とそれにかかる検査等が保険導入され、歯科界で大きな話題となったことは記憶に新しい。
一方で、う蝕や歯周病という歯科の二大疾患に対しては、長らく形態回復に主眼が置かれていた。そのため、口腔の機能面に対してどのように介入すべきかに関しては、戸惑いをもった歯科医療従事者も多かったものと推察する。予防法の確立されたう蝕や歯周病と比較して、測定値も患者への啓発方法も目新しいものばかりだ。

そこにおいて、「骨年齢」「血管年齢」「肺年齢」「肌年齢」「脳年齢」などというように、口腔機能が歳相応かどうかを示すことができれば、専門的な用語なしで患者に伝わりやすく、各年代における管理の目標が明確になると佐藤教授らは考えた。

 

お口年齢(口腔機能年齢)を算出するシートを開発

同研究室では、多くの人の年齢ごとの口腔機能低下状況を調査することで、各年代の平均値と分布を明らかにしたと発表した。

続いて、各人の検査結果が同世代の分布のどこにあるかを示すことにより、お口年齢(口腔機能年齢)を算出する方法を開発した。

 

これにより、各人における管理の目標を明確にすることが可能となったという。

 

画像はプレスリリースより

 

従来では、測定値が基準値より上か下かを評価の上、患者指導する。しかしながら、専門家でない患者には伝わりづらいことや、治療目標が年齢によって異なるといった要素の加味が難しいことが課題となっていた(画像左)。

今回開発された計算シートを用いると、以下のような指導例になるという。

「93歳のあなたは、お口の年齢は89歳ですから、すばらしいです。ただし、舌の力は95歳相当ですから、ちょっと鍛えた方が良いですね。ぜひお口をさらに若返らせましょう」(画像右)


このように、「口腔機能年齢」は前向きな生活につながると、同研究室の佐藤教授らは話す。

 

補綴治療によるお口年齢の変化を「見える化」

さらに、口腔機能年齢を応用することにより、補綴治療前と補綴治療後の変化も分かりやすく伝えることが可能になるという。



画像はプレスリリースより

 

 

「口腔機能低下症の検査・管理は医療保険導入2年以上が経過しましたが、まだ十分に普及しているとは言えません。その理由の一つに、管理指導の方法が曖昧であったからと思われます。「口腔機能年齢(お口年齢)」を使うことで、分かりやすい指導を行うことができます 」と佐藤教授らは述べている。



***


学術的な裏付けとともに開発された本計算シート。同研究室のHP(http://geria.jp.net/)にて無料でダウンロード・使用方法の閲覧ができる。ぜひ臨床の場でご活用いただきたい。

 

 出典

 口腔機能年齢(お口年齢)用資料(昭和大学歯学部 高齢者歯科学講座)

執筆者

WHITE CROSS編集部

WHITE CROSS編集部

臨床経験のある歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士・歯科関連企業出身者などの歯科医療従事者を中心に構成されており、 専門家の目線で多数の記事を執筆している。数多くの取材経験を通して得たネットワークをもとに、 歯科医療界の役に立つ情報を発信中。

LINEで送る

記事へのコメント(0)

人気記事ランキング

おすすめのセミナー

日本大学松戸歯学部・松戸歯学部同窓会共催 令和2年度生涯研修コースの画像です

日本大学松戸歯学部・松戸歯学部同窓会共催 令和2年度生涯研修コース

日時
①スポーツマウスガードの製作について
11月8日(日)10:00〜16:00

②日常臨床に生かすコンポジットレジン修復
2021年1月24日(日)10:00〜16:00

③対応に困る患者を作らないための「歯科医療面接」
6月28日(日)10:00〜16:00

④【webセミナー】総義歯下顎無歯顎難症例にチャレンジするために無歯顎の解剖を学ぼう!
9月13日(日)14:00〜16:00

⑤日常臨床に生かすコンポジットレジン修復
9月13日(日)10:00〜16:00

⑥オーバーデンチャーに用いるアタッチメントを学ぼう!
9月24日(木)10:00〜17:00

⑦マイクロスコープ治療ハンズオンセミナー
9月27日(日)9:30〜16:00

⑧いまさら聞けない顎関節のMRI診断
10月25日(日)10:00〜16:30

⑨今日から使える有病者歯科治療の最新知識
11月1日(日)10:00〜15:00

⑩これだけは知ってほしい矯正の知識
11月11日(水)9:30〜16:30

⑪いびきや睡眠時無呼吸症に対する歯科的対応1
11月15日(日)10:00〜16:00

⑫今から知りたい!難易度別口腔インプラント治療 初級編
11月29日(日)10:00〜16:30

⑬いびきや睡眠時無呼吸症に対する歯科的対応2
12月20日(日)10:00〜14:00

⑭歯周治療の基礎知識とブタ顎を使用した歯周外科
2月28日(日)9:00〜16:00
会場
一部webセミナー

日本大学松戸歯学部
千葉県松戸市栄町西2丁目870-1
費用
パンフレットにてご確認ください
詳細を見る
[録画配信]訪問歯科における摂食嚥下障害患者への評価と対応の画像です

[録画配信]訪問歯科における摂食嚥下障害患者への評価と対応

日時
9月24日(木)20:00〜22:00

*10月25日(日)23:59までの期間限定配信となりますのでご注意ください
*当セミナーは株式会社ナカニシが主催、WHITE CROSSが配信を行います。閲覧情報は両社で管理します。
会場
ご自宅や診療室(インターネット経由)
費用
3,300円(税込)

*領収書は、マイページ>申込み済みライブ配信>領収書 よりダウンロードいただけます
*アンケートにご回答いただいた方にはノベルティ(マスクケース)をお送りいたします
詳細を見る
在宅医療技術レベルアップセミナーの画像です

在宅医療技術レベルアップセミナー

日時
①嚥下内視鏡検査 内視鏡操作研修 導入コース
5月10日(日)10:00〜17:00※新型コロナウイルス感染拡大予防のため中止

9月27日(日)10:00〜17:00

②嚥下内視鏡検査 内視鏡操作研修 応用コース
10月25日(日)10:00〜17:00

③歯科衛生士向け!口腔管理シリーズ
5月24日(日)10:00〜13:00※新型コロナウイルス感染拡大予防のため中止

④クリニック歯科衛生士向け「摂食嚥下リハに取り組もう」
11月29日(日)10:00〜13:00
会場
日本歯科新聞社セミナールーム
東京都千代田区神田三崎町2-15-2 JDNビル3F
費用
①120,000円
②120,000円
③20,000円
④15,000円
詳細を見る
初めての訪問歯科から食支援が出来る訪問歯科部門チーム作りへの画像です

初めての訪問歯科から食支援が出来る訪問歯科部門チーム作りへ

日時
12月6日(日)10:30〜16:30
1月24日(日)10:30〜16:30
2月21日(日)10:30〜16:30
会場
(仮)医療法人社団明法会会議室
東京都豊島区要町3-26-3 メゾンMT
費用
11万円(税込)
当研修会は訪問レセプト10枚以下の方向けです
詳細を見る
0825_1の画像です