皆さんは、介護施設への訪問診療や口腔ケアを依頼された際に、介護職など施設職員に対して何から指導したらいいと思いますか?
施設職員も、今は口腔ケアが大事なことは理解しています。しかし、
・現場において何が重要か
・何から取り組めばいいのか
など、最初の一歩がわからない施設も多いものです。
介護施設は交代制の職場であり、全職員の口腔ケアのレベルが上がらないと、入所者にとって有効な口腔ケアとなりません。
だからといって、全職員の口腔ケアレベルを上げるべくトレーニングを行うことは、施設としても私たちとしても現実的ではないですよね。
本稿では、施設職員が入所者にとって有効な口腔ケアを無理なく継続提供できるための「口腔ケア指導の第一歩」をお伝えしたいと思います。
ポイントは、『すべてを伝えようとしないこと』です。本稿でご紹介するように、内容を絞ってアプローチしてみてはどうでしょうか。
 
伝えた…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

執筆者

高橋 啓の画像です

高橋 啓

歯科医師

たかはし歯科 院長

1994年北海道医療大学卒業。1999年広島大学大学院修了。広島大学大学院時代に口腔ケアの調査研究に触れて、その意義を学んだ。日本口腔インプラント学会専門医であり、日本ヘルスケア歯科学会認証診療所でもある。定期管理型歯科医院をベースに、インプラント診療から訪問診療まで幅広く手がけている。

LINEで送る

歯科医師コメント(0)

コメントをみる・投稿する

コメント機能のご利用には歯科医師確認が必要です

人気記事ランキング

おすすめのセミナー