2月16日、横浜市鶴見公会堂にて、鶴見区歯科医師会主催の公開講座「初めてのユマニチュード®️」が開催された。参加者は約300人。会場には歯科関係者だけでなく、看護師や介護士といった医療関係者、一般の方も来場し、ほぼ満席であった。本記事では、講演会の様子をレポートしたい。
冒頭の挨拶をつとめる鶴見区歯科医師会会長 佐藤信二先生
新しい認知症のケア「ユマニチュード®️」とは
「ユマニチュード®️」は、体育学を専攻する二人のフランス人、Yves Gineste(イヴ・ジネスト)とRosette Marescotti(ロゼット・マレスコッティ)によって作り上げられた35年の歴史を持つケア技法。認知症患者だけでなく、ケアを必要とする人であれば誰にでも利用できる。現在フランス国内では、400を超える医療機関や介護施設がこの技法を導入している。また、各国に国際支部が存在し、2014年に6番目の国際拠点として日本支部が誕生した。(参照:ユマニチ…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

執筆者

WHITE CROSS編集部

WHITE CROSS編集部

臨床経験のある歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士・歯科関連企業出身者などの歯科医療従事者を中心に構成されており、 専門家の目線で多数の記事を執筆している。数多くの取材経験を通して得たネットワークをもとに、 歯科医療界の役に立つ情報を発信中。

LINEで送る

記事へのコメント(0)

人気記事ランキング

おすすめのセミナー