皆さんは高齢者の診察や摂食嚥下障害についてどのくらいご存知でしょうか?
嚥下内視鏡検査(swallowing videoendoscopy:VE)を見学したことはあるでしょうか?
 
先月末、訪問歯科診療を専門に行っているチームによって「わかば塾」というセミナーが開催されました。
その中から、超高齢社会における訪問診療の現状と、患者さんの最期まで寄り添える『歯科』についてレポートします。
 
在宅診療は、診療室での歯科治療の延長線でいいのでしょうか?

 
「これからの在宅の歯科医療というのは、外来の歯科治療の延長線で考えていいものでしょうか。
 
私は以前、たまたまアルバイトで訪問歯科を見学した時、老人ホームの入居者の口腔内の状況があまりにも酷いことに驚きました。
普段外来で診ている患者さんの口腔内とは違い、非常にずさんな環境のまま放置されていたのです。そんな状況に対して自分で何かできることはない…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

執筆者

WHITE CROSS編集部

WHITE CROSS編集部

臨床経験のある歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士・歯科関連企業出身者などの歯科医療従事者を中心に構成されており、 専門家の目線で多数の記事を執筆している。数多くの取材経験を通して得たネットワークをもとに、 歯科医療界の役に立つ情報を発信中。

LINEで送る

記事へのコメント(0)

人気記事ランキング

おすすめのセミナー