今日から実践できる採用術 第5回「給与や待遇の根拠を求人広告に掲載していますか?」 / 伊藤 祐子 - WHITE CROSS 歯科医療従事者専用サイト

グランジュテの伊藤祐子です。外資系航空会社のCA、外資系プライベートバンクを経て、歯科医院の法人理事として10年間毎日現場に立ってきた経験から、歯科医院のスタッフの採用と教育に関する連載をしています。よろしくお願いいたします。
 
月給100万円の根拠は?
求人応募がないので歯科医師の給与を100万円~と求人広告に掲載した。なのに応募がない。どうしてでしょう?
 

実は、100万円を支給するつもりがある・実際貰っている先生がいても、その根拠を示さなければ求職者はその信憑性を疑い応募しないのです。例えば、給与の幅を歯科医師 30万円~100万円と求人広告に掲載したとしましょう。実際 100万円貰っている先生がいるとしたら、その根拠も求人広告内に掲載した方がいいのです。
 
掲載例

給与例■歯科医師 A先生(42歳)分院長(管理者)5年目基本給50万円+自費歩合20%+管理者手当10万円=1カ月平均給…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

執筆者

伊藤 祐子の画像です

伊藤 祐子

コンサルタント

株式会社グランジュテ 代表

客室乗務員時代に培った接遇とスイス系プライベートバンクで学んだお金のしくみを活かし、患者数が一桁に減っていた医院を継承後1年で経営回復、開業2年を待たず医院を法人化。現在歯科医院向け経営コンサルタントとして活躍中。雑誌連載、講演活動も行う。

LINEで送る

記事へのコメント(0)

人気記事ランキング