上顎側切歯・犬歯の位置異常による審美障害を改善した症例 / 大串 奈津貴 - WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

近年、口元の美を望む患者が増え、前歯部審美治療の頻度は増えている。それに伴い、多様な材料や接着システムが出現してきた。
しかし、最新の材料を使用したからといって審美修復治療が成功するというものでもなく、個々の歯の状態や患者のニーズを考慮しなければ治療の成功は難しい。
 
そこで今回は、上顎側切歯と犬歯の位置が反対になっていた審美障害の患者に対し、矯正治療と補綴治療を用いて対処した症例を報告したい。 
 
初診来院時の状態
患者は19歳女性である。
前歯部の審美障害を主訴に来院された。
 
口腔内を診てみると、上顎左側側切歯と犬歯の萌出位置が反対になっており、さらに犬歯は低位唇側転位であった。
右側犬歯も反対咬合になっており、両側ともに犬歯による側方ガイダンスはとれていない状態であった。
 

図1a 初診来院時の口腔内写真。
 

図1b 初診来院時のパノラマエック…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

執筆者

大串 奈津貴の画像です

大串 奈津貴

歯科医師・歯学博士

ハートスマイル歯科クリニック 院長

小児患者から高齢者まで、親子三代を診ることができるホームドクターを目指す。特に「噛む」という機能を第一に考え、すべての患者に対し正しい咬合を重視した治療を行っている。

LINEで送る

記事へのコメント(0)

人気記事ランキング

おすすめのセミナー

0825_1の画像です