日本の歯学部って面白い!「奥羽大学の魅力・特色・制度!!!」奥羽大学歯学部の画像です
ニュース 2024/01/05

日本の歯学部って面白い!「奥羽大学の魅力・特色・制度!!!」奥羽大学歯学部

WHITE CROSS編集部

日本全国に29ある歯学部。取材に伺うと、人間のように大学にもそれぞれの個性があるということがわかりました。

 

これから歯学部の受験を考えている学生さんやご両親は自身の個性にぴったり合う大学選びの参考に。

卒業生は母校がどのような精神で学びの場を作ってくれていたのかの再確認に。

きっと、これまで以上に母校が好きになるのではないでしょうか。

 

今回は福島県にある奥羽大学歯学部の魅力をたくさんご紹介します。

 

キャンパス紹介

アクセス

福島県郡山市にキャンパスを構える奥羽大学歯学部。

盛岡や東京からの新幹線が通るJR郡山駅からはバスや車で約10分、郡山駅から1駅の郡山富田駅からは徒歩4分でキャンパスに到着します。

 

また、最寄りの福島空港までは新千歳空港や伊丹空港からの直通便があるため、全国から学生が集まっています。

 

 

 

 

特徴的なのは学内に設置された立体駐車場の利用許可を申請すれば、全学年で1年生から車両通学が許可されるということ。構内に駐車場があるなんて驚きです。

何よりも、奥羽大学のキャンパスは郡山市街地の中心部近くに存在しているので生活に便利。近隣にある郡山北警察署と連携協力も行われているため、大学周辺の治安の良さも魅力的です。また春には、歯学部附属病院の窓から満開の桜をみることができます。

 

 

キャンパス

市街地に立地するも東京ドーム4個分という広大な敷地面積を誇り、四季折々に草花が咲き誇る自然豊かな環境にキャンパスを構えています。正門からキャンパスを貫く街路が美しく、米国のカレッジのような広々とした敷地に校舎が綺麗にまとまっています。

 

 

 

キャンパス内は講義棟や歯学部附属病院、体育館などはもちろん、解剖学棟が単独で存在。特に薬学部附属薬用植物園と学生食堂「ハーモニー」は学生にとっての憩いの場として、広大な敷地と建物内外はどこをとってもゆとりのスペースが設けられています。

学外では車で1〜2時間ほど離れれば、海・山・川、どこにでもアクセスが可能で自然のフィールドが多数用意されている環境です。忙しい学業の間に、夏はキャンプ、冬はスノーボードと青春時代を謳歌できる素晴らしい東北の自然が広がっています。

 

実際に訪れてみると、美しく落ち着いたキャンパスに心が癒されます。自然と町が両方ある落ち着いた生活環境で学業に専念し、人間形成を行いたいという受験生の皆さん。そして、そのような場で学び成長してもらいたいと願う親御さんにお薦めです。 

 

 

 

学生数 / 学科数

奥羽大学は歯学部と薬学部の2学部があります。

歯学部の学生数は386名(令和元年5月1日現在)、薬学部を合わせると999名の学生が集う医療系大学です。学生の出身地は福島県や東北地方、北関東地区が多く、男女比は7:3 ほどの割合です。

学生の居住地は大学周辺がほとんどですが、東京・宇都宮方面、福島・仙台方面から新幹線で通学をする学生もいるようです。

 


 

こちらもチェック!とてもわかりやすくまとまっています。

 

現在の学生数は多くはありませんが、そこには過去に経験した東日本大震災の風評被害もあるそうです。(東日本大震災後は中部・関西・四国・九州などの西日本からの入学志願者が減少し、東北・北関東地区からの学生が増加傾向になりました。

 

奥羽大学はその状況を活かして、この数年間で他の歯科大学が持ち得ない特色を育ててきました。その甲斐もあり、近年では学生数が徐々に戻ってきています。

 

 

クラブ活動など

学生数の減少によりオールデンタルにおいてのポイント取得が難しく、現在では歯学部単体でのクラブ・サークル活動よりも薬学部学生との合同での活動が多く、学生交流の幅は広く盛んに行われています。学生時代から他の医療職と交流ができる環境は、これからの日本社会において求められる多職種連携に対応した歯科医師としての素地作りにつながっているのではないでしょうか。

 

山崎信也教授とライフサポート部 2019仙台ハーフマラソン救護班

 

また、歯科医師の仕事とミュージシャンとしての活動を両立している人気アーティストのGReeeeNなど、歯科医療の枠を超えて活躍している素晴らしい先輩もいます。

歯学部紹介

特色1 教員と学生の距離の近さ

実際の授業や、歯学部附属病院を見学させていただくと、教員と学生の距離の近さに驚かされます。

 

 

教員の先生方は、その立場を問わず1人1人の学生の名前を覚えており、積極的に声をかけてコミュニケーションを取っていました。また、授業においても学生1人1人に対して細やかなケアがなされており、保護者に対しても定期的に状況報告をしているとのことです。常に “育てよう” という姿勢で接している教員の影響か、素直な学生が多いと感じさせられました。

 

実際に歯科医師になると、学生時代の仲間や恩師と過ごした時間が懐かしく思い出されます。人と深く関わりながら、素晴らしい青春時代を過ごすことができる素晴らしい環境がここにあります。

 


 

 

特色2 歯科医療人間学とエレクティブスタディ

歯科医療人間学は歯学部の目的でもある「高度な専門知識と技術を備えた歯科医師を養成する」ための基本的な科目です。ここでは態度教育、コミュニケーション能力の実践といった、人として必要な態度教育やキャリアアップ教育につとめています。

また、エレクティブスタディでは学生自らが興味のある講座・分野に出向き、そこで学ぶことができる環境です。

 

エレクティブスタディの様子

 

キャンパスを歩いていて感じさせられるのは、多くの学生が丁寧に挨拶をしてくれることでした。“簡単なようで難しいこと” ができているのも、スモールスクールならではの教育の賜物ではないでしょうか。また、学生同士の仲も非常に良いとのことでした。

 

歯科医師を目指しながら人としても成長できる素晴らしい環境が、ここにあります。

 

 

 

特色3 特待生制度

東日本大震災の影響で学生数が減少した時に設けられたのが、奥羽大学歯学部最大の特色である特待生制度です。優秀な成績であっても、経済的事情などにより歯科医師になる事をあきらめている歯学部希望者に提供されており、最大6年間、授業料が全額免除され歯科医師になる事が可能です。

 

実際に特待生第1期として入学した学生が国家試験を迎えるのは2021年2月であり、特待生の多くが入学後も優秀な成績を維持しているため期待が高まります。 

 

 

実際に特待生制度を利用している学生に話をお伺いさせていただくと、歯科医師になりたいと言う思いを断念せずに歯学部に進学できたことへの感謝の想いや、卒後は優秀な歯科医師となり地域医療に貢献していきたいと言う未来につながる言葉を聞くことができ、特待生制度が真に生かされていることを感じさせられました。

 

 

 

特色4 編入学制度

奥羽大学では以前より学生数の欠員にあわせて、2年次・3年次・4年次において編入学試験を実施しています。2年次の編入学試験は随時行われている他、特に、3年次・4年次編入制度は奥羽大学が実施している特徴的な制度です。

 

 

過去4年間は特に他大学歯学部からの編入学者が増加。他大学で修学継続の夢が叶わなかった学生が奥羽大学で進級・卒業・国家試験合格をするなどの実績を誇る大学です。一度は歯科大学を中退したけれどやり直したい若者に、奥羽大学に行けば歯科医師への夢を諦めないで再挑戦できる道が開かれていることを知ってもらいたいと願います。

 平成29年度  卒業式

 

実際に、他大学歯学部から編入学をしてきた学生に話を伺うと、一度は閉ざされた未来への道が開かれたことへの喜び。そして、ちゃんと卒業して歯科医師になりたいという現在の思いに加えて、教員が常に声をかけてくれるスモールスクールならではの親密な環境についてのポジティブな言葉を聞くことができました。人としての優しさに溢れる環境で再挑戦できることが、若者の人生に素晴らしい変化と価値を与えていることを感じさせられました。

 

 

 

実際に訪れてみると分かる、様々な素晴らしさが奥羽大学にはありました。受験生の皆さん、編入を考えている皆さん、その保護者の皆様さんには、ぜひ一度、キャンパスを訪れてみていただきたいとのことでした。

 

 

卒後研修 

画像クリックで卒後研修専用ページへ

 

大野敬歯学部長からのメッセージ

 2019年5月30日撮影

入試日程

2020年度の奥羽大学歯学部は、2020年度の奥羽大学歯学部は、一般選抜入試、特待生選抜入試、推薦入試、AO入試、同窓特別入試、の他に、編入学入試が行われます。

画像クリックで詳細ページへ

 

 

奥羽大学受験生のための情報サイト

 

 

特待生制度のパンフレット

 

 

パンフレット

奥羽大学歯学部では、入試向けのパンフレットを用意しています。たくさんの情報と魅力がぎゅっと詰まった内容です。

下記画像をクリックすると、閲覧・ダウンロードページへリンクします。

 

 

奥羽大学 歯学部HP

 

 

奥羽大学歯学部の受験情報はこちらからもご覧いただけます

 

執筆者

WHITE CROSS編集部

WHITE CROSS編集部

臨床経験のある歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士・歯科関連企業出身者などの歯科医療従事者を中心に構成されており、 専門家の目線で多数の記事を執筆している。数多くの取材経験を通して得たネットワークをもとに、 歯科医療界の役に立つ情報を発信中。

LINEで送る

歯科医師コメント(0)

コメントをみる・投稿する

コメント機能のご利用には歯科医師確認が必要です

人気記事ランキング