スウェーデンにおいて小児・未成年者の口腔データの蓄積・活用化へ / WHITE CROSS編集部 - WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

医療のあり方は、国ごとの医療制度によって大きく異なってくる。完璧な医療制度はなく、比較論としてより効果的かつ効率的な医療制度がロールモデルとみなされる。
 
その効果・効率の向上を目指した取り組みとして、医療に関わる様々なデータを蓄積・分析して活用する取り組みが進んでいる。日本では、首相官邸健康・医療戦略推進本部の次世代医療ICT基盤協議会が主体となって、データの活用などにより医療の質・効率性や患者・国民の利便性の向上、臨床研究等の研究開発、社会保障のコストの効率化の実現を目指している。
 
出典: 首相官邸 健康・医療戦略推進本部
 
シックケアのみ時代が終わり、シックケアとヘルスケアとのバランスに焦点が当てられ始めた今の時代において、歯科医療においてもデータを如何に蓄積・活用するかが重要視され始めている。
 
ここにおいてスウェーデン政府は、スウェーデン保健・社会政策省に…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

執筆者

WHITE CROSS編集部

WHITE CROSS編集部

臨床経験のある歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士・歯科関連企業出身者などの歯科医療従事者を中心に構成されており、 専門家の目線で多数の記事を執筆している。数多くの取材経験を通して得たネットワークをもとに、 歯科医療界の役に立つ情報を発信中。

LINEで送る

記事へのコメント(0)

人気記事ランキング

おすすめのセミナー

0825_1の画像です