小児う蝕治療法 充填治療に優位性なし 英国 / WHITE CROSS編集部 - WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

英国の大学群によって行われた大規模な研究の結果、小児う蝕の治療法としてCRなどに代表される充填治療は、その他の治療法と比較した際に、その予後に明確な優位性があるわけではないことが示された。同研究結果は、11月26日に the Journal of Dental Research において発表された。
 
同研究には、英国のダンディー大学、ニューカッスル大学、カーディフ大学、クイーン・メアリー大学、リーズ大学などが参加し、全英72件の歯科医院から抽出された視診により最低1個の乳臼歯う蝕に罹患していると診断された3歳から7歳の小児患者1,144名が対象となった。それぞれの小児う蝕に対して、以下の3つの治療法のいずれかがランダムに選択され、最長で3年間の経過観察が行われた。治療法① う蝕には触れない。新しいう蝕に罹患しないために、糖分の摂取量の抑制、フッ素配合歯磨剤を用いた1日2回の口腔清掃の推奨、フッ化物バーニッシュ、萌出してきた第一大臼歯…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

執筆者

WHITE CROSS編集部

WHITE CROSS編集部

臨床経験のある歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士・歯科関連企業出身者などの歯科医療従事者を中心に構成されており、 専門家の目線で多数の記事を執筆している。数多くの取材経験を通して得たネットワークをもとに、 歯科医療界の役に立つ情報を発信中。

LINEで送る

記事へのコメント(1)

歯科医師
ねこ均先生 2019/12/25 11:58

人気記事ランキング

おすすめのセミナー