行動調整法に関する問題です。
歯科医師国家試験では小児歯科や障害者歯科分野で出題されることの多い内容です。
正確なイメージが求められる問題です。
 
 
今週の過去問 
[110A-92]正の強化による行動調整法はどれか。1つ選べ。a:モデリング法
 
b:タイムアウト法
c:Tell-Show-Do法
d:レスポンスコスト法
e:トークンエコノミー法
 
110回歯科医師国家試験の傾向としては、比較的基本的な内容の出題が多かった印象です。一方で、隣接医学や高齢者、摂食嚥下といった分野は引き続き踏み込んだ内容を問う問題も多く出題されました。 
 
 
Key Point 
  
今回の問題は知識が要求されます。それに加え、字面の記憶だけではなく、どのような形で患児にアプローチしていくのかというイメージもまた要求されます。
 
 
解説 
 
a:モデリング法
モデリ…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

執筆者

岡田 優一郎の画像です

岡田 優一郎

歯科医師

東京メディカルスクール 塾長
日本アンチエイジング歯科学会 理事

LINEで送る

歯科医師コメント(0)

コメントをみる・投稿する

コメント機能のご利用には歯科医師確認が必要です

人気記事ランキング

おすすめのセミナー

GPのための超本格矯正講座[2年コース]の画像です

GPのための超本格矯正講座[2年コース]

日時
10月12日(土)9:00〜 全15日間
会場
東京駅近郊
費用
980,000円(税別)