喫煙により歯髄の免疫システムが弱体化する 米国
経営 2018/11/03

喫煙により歯髄の免疫システムが弱体化する 米国

WHITE CROSS編集部
米国のケース・ウェスタン・リザーブ大学歯学部の研究チームは、喫煙により歯髄の免疫システムが弱体化することを発見したと the Journal of Endodontics において発表した。それによると、喫煙により歯髄中にある免疫調整因子である TNF-α や広範囲の抗菌活性を有する hBD-2 が抑制され、う蝕に対する抵抗性が低下するという。
 
研究チームの、Anita Aminoshariae准教授は、

以前より、喫煙者における歯内療法…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

WHITE CROSS編集部
LINEで送る

歯科医師コメント(0)

コメントをみる・投稿する

コメント機能のご利用には歯科医師確認が必要です

人気記事ランキング

おすすめのセミナー