歯の喪失は老化の早期指標である 英国の前向きコホート研究
ニュース 2017/09/18

歯の喪失は老化の早期指標である 英国の前向きコホート研究

WHITE CROSS編集部
英国において実施された前向きコホート研究により、歯の喪失が身体機能および認知機能の低下の早期指標となる可能性が明らかになった。
 
この研究は、ロンドン大学の公衆衛生学講座(University College London Department of Epidemiology and Public Health)の研究者らによるもの。
 
無歯顎は身体機能および認知機能の低下と有意に関係
英国では、65歳から74歳の成人の15%が無歯顎であり、多くの先行研究が…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

WHITE CROSS編集部
LINEで送る

歯科医師コメント(0)

コメントをみる・投稿する

コメント機能のご利用には歯科医師確認が必要です

人気記事ランキング

おすすめのセミナー