医院経営新時代 第6回「これから直面する最大の問題は人材確保になるかもしれない」 / 康本 征史 - WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

皆さんは、2018年問題と言われている事柄についてご存知でしょうか。 ネットで検索していただければすぐに出てきます。
2018年問題とは、ここ数年横ばいだった18歳人口が減少に転じる問題です。
 
18歳人口が減少すると何が起こるのでしょうか。
 
1)大学や専門学校等では学生が集まらずに経営困難になる。あるいは、廃科・廃校になる。 2)年頃の男女の絶対数が減ることからカップルの数も減り、結婚式場などにも影響が出る。さらには、少子化が加速する。 3)いわゆる現役世代の働き手がいなくなる。
 
という問題が出るであろうことは容易に予測できます。 次のグラフを見て見ましょう。
 

バブル期に200万人以上いた18歳人口は、2017年には、4割減の120万人となりました。
その内の大学進学志望者は半分強であり、歯科衛生士や歯科技工士に進む人達が元々少ないというのが分かります。 歯科衛生士養成学校の40%以上は定…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

執筆者

康本 征史の画像です

康本 征史

歯科医師

医療法人社団感・即・動 理事長
康本塾塾長・株式会社ディーアソシエイツ 顧問

LINEで送る

記事へのコメント(0)

人気記事ランキング

おすすめのセミナー

0825_3の画像です