日本全国でスギ花粉の飛散がピークを迎えている。
 
花粉症の症状は、目のかゆみ・水っぱな・鼻のつまり・くしゃみ・涙目・頭がぼーっとする・体がだるい・体がかゆい・頭痛 など、人ぞれぞれだが 水っぱな・鼻のつまり・くしゃみ など鼻に症状がでている人にとって歯科医療治療は非常につらいものになる。
 
花粉症の発症割合と歯科治療を辛く感じる人の割合
株式会社日本リサーチセンターが実施した「花粉症/花粉アレルギーについての調査」によると、全国の15〜79歳男女1,200名のうち、424名(35.8%)が花粉症であった。また、花粉症を発症している人の中で、鼻に重い症状が出ている人は285名(67.2%)であった。
 
このことから、全体の24%、実に日本人の4人に1人が花粉症が理由で歯科治療時の呼吸を辛く感じる可能性が高いことが推測される。
 
実際に、「花粉症、歯科治療」などで検索をすると、花粉症を発症している…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

執筆者

WHITE CROSS編集部

WHITE CROSS編集部

臨床経験のある歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士・歯科関連企業出身者などの歯科医療従事者を中心に構成されており、 専門家の目線で多数の記事を執筆している。数多くの取材経験を通して得たネットワークをもとに、 歯科医療界の役に立つ情報を発信中。

LINEで送る

歯科医師コメント(0)

コメントをみる・投稿する

コメント機能のご利用には歯科医師確認が必要です

人気記事ランキング