酸化ジルコニウムやインプラント上部構造の接着に 「スピードセム Plus」 / WHITE CROSS編集部 - WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

Ivoclar Vivadent株式会社より、セルフアドヒーシブレジンセメント「スピードセム」 のパッケージが一新された、「スピードセム Plus」が 2017 年 2月1日に発売されます。スピードセム Plus は、様々な状況で簡単に使用できるものをというニーズに応えた、性能と使いやすさを兼ね備えたレジンセメントです。
 

 
スピードセム Plus 使用症例 酸化ジルコニアブリッジ
Case: Zenostar T bridge cemented onto natural abutment teeth: Dr Lukas Enggist, Dentist / Dominik Monreal, DT, Ivoclar Vivadent AG, 2014
 
 
1. セット前
スピードセム Plus は、歯質や修復物(酸化ジルコニウムおよび卑金属)の処理が不要で、効率的なセルフアドヒーシブタイプのレジンセメントです。また、湿潤状態にかかわらず接着力を発揮し、縁下におよぶ修復物で防湿が困難な場合でも使用可能です。
&nbs…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

LINEで送る

記事へのコメント(0)

人気記事ランキング

関連機材・薬剤

おすすめのセミナー

0825_3の画像です