日本の歯学部って面白い!「食べるも住むも敷地内で解決」松本歯科大学 / WHITE CROSS編集部 - WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

2020年08月更新

 

日本全国に29ある歯学部。国が指定する日本の歯科医学教育におけるカリキュラムは、6年間の教育うちの約6割で、残りの4割は各大学の個性に任されているようです。

 

これから歯学部受験を考えている学生さんはご自身の個性にぴったり合う大学選びの参考に。卒業生は母校の魅力の再確認に。各大学が個性を発揮するその4割の魅力を特集しました。

 

今回は長野県の自然豊かな環境にキャンパスを構える、松本歯科大学をご紹介します。

 

 

キャンパス紹介

アクセス

松本歯科大学が立地する長野県塩尻市は日本のほぼ中央に位置し、自然豊かな環境です。上高地や乗鞍、美ヶ原、青木湖、諏訪湖など、わが国を代表する景勝地にもほど近く、夏冬休暇や週末などの休日を利用して、自然探訪やグループ活動、クラブ合宿、ゼミ合宿などを繰り広げる学生たちも数多くいるそうです。

 

信州の四季

 

JR塩尻駅までは名古屋駅から2時間、新宿駅から2時間30分、大阪駅からは3時間という好アクセス。飛行機では信州まつもと空港まで札幌や福岡からも1時間半、空港からは車で15分ほどで到着します。塩尻駅のホームに降り立つと、美しい山々に囲まれた環境ならではの、澄み切った空気を美味しく感じます。

また、ぶどう畑も多くあり、日本最大級のワインの祭典も開催されます。ワインの収穫の季節には、キャンパスにもぶどうの匂いが香ります。

 

JR塩尻駅から大学までは、日曜祭日を除き30分間隔で無料のシャトルバスが運行されていて、患者さんや大学職員も多く利用しています。敷地内には有料の学生専用駐車場もあり、車で通学する学生も多いようです。

 

 

 

キャンパス

松本歯科大学の総面積は23万㎡で、東京ドーム5個分の広さを誇ります。

 

 

これは単科大学としては異例な規模で、創立者の矢ヶ﨑康先生が提唱した「森の中の学園で学生を学ばせたい」というビジョンに基づき、原野だった桔梗が原の大地に数千本の木々を植え込み日本有数の自然豊かなキャンパスが実現しています。

 

校舎外観

 

春にはキャンパス内に桜が咲き誇り、地域住民の方々をお招きしての花見会を兼ねた学園祭が開催されます。歯学部、歯科衛生士学校の教員・学生と地域住民が一体となって楽しむこのイベントは、松本歯科大学ならではの青春の1ページです。

  

画像クリックで360° Panorama Viewへ

 

初年次教育支援体制の一環として2006年に新設された CAMPUS INN(学生寮)も松本歯科大学キャンパスでの大きな魅力です。

 

画像クリックでCAMPUS INN 専用ページへ

 

部屋はプライバシーを尊重した快適なワンルームで、家具や電化製品が備え付けられており、清掃やリネン交換サービスも提供しています。カードキーによる入退室システムやモニター付きインターホンも完備され、セキュリティ面も安心。警備員が24時間いるので、宅配便や代金引換の荷物も受け取ってくれます。施設内には自習室や大教室、カフェ&ミニ・コンビニショップもあります。宿泊棟も用意されており、在学生以外にも一日体験入学や入試の前日には無料で宿泊体験ができます。

 

 

実際にCAMPUS INNに訪れてみると、学生寮とは思えない充実した設備で、中庭に出ると海外の大学のワンシーンを切り取ったかのような美しい空間が広がっていました。

 

 

この美しい世界が、冬は白銀の世界に変わります。CAMPUS INNから大学までは歩いて数分の距離にあり、学生生活を過ごす仲間たちと日夜を共にした素晴らしい思い出を作り上げていくことになります。また、CAMPUS INNの真横に学生向けの駐車場があり、松本市内に買い物に出たり、勉強の息抜きに夏はトレッキング、冬はスノーボードと信州の美しい自然を楽しむこともできます。

 

大学での食事環境も充実しています。創立30年記念棟1階には、カフェテリア(347席)、2階にはカフェテリア(146席)と本格フレンチ「雷鳥」(40席)があります。

 

カフェテリア

 

カフェテリア(学食)の支払いはキャッシュレス(学生証にチャージ)で、カロリー摂取量なども精算画面に表示されます。毎月29日は「肉の日」でステーキが人気メニューとなっています。また、毎月1回本学管理栄養士等が考案した「カムカムメニュー」が出され、よく噛んで食べられるメニューを提供しています。

 

本格フレンチレストラン「雷鳥」

 

本格フレンチレストラン「雷鳥」は学生800円~1400円。ただし学生が昼休みに利用するとコース料理が終了しないうちに授業が始まってしまう可能性があるので要注意。地域の住民の隠れたランチ・スポットとなっています。図書会館1階には本格的中国レストラン「スターダスト」があり、中国北京から招いたシェフが腕を振るっています。お昼のバイキングはお勧めです。

 

テラスでは2013年、向井理主演のTBS系列ドラマ「サマーレスキュー」のロケや、2015年3月には、セブンイレブンのCM撮影も行われ、学生たちが出演しました。

 

学生ラウンジ

 

学生ラウンジは勉強や部活の打合せ、軽くお茶するなど、学生が自由に使えるスペース。Bean’s Caféは松本歯科大学の「スタバ」。ドリンクやケーキの種類が豊富で、休み時間は学生や教員で賑わいます(一般の方も利用可)。

 

 

学生数 / 学科数

松本歯科大学は、歯学科のみの単科大学。3年制専修学校の松本歯科大学衛生学院歯科衛生士科を併設し、歯科衛生士国家試験の合格率は1977年の開校以来41年間100%を維持しています。

 

歯学部歯学科の学生数は564名(2020年5月現在)。自然の多さや学生生活環境の充実から、台湾や韓国からの人気もある大学です。

学生は寮に住むか、大学周辺に居住しています。

 

 

クラブ活動など

毎年開催される全日本歯科学生総合体育大会にて、2018年度は硬式野球部が準優勝、水泳部が男女総合準優勝、スキー部が女子団体総合で優勝、アメリカンフットボール部が優勝しています。

 

画像クリックでクラブ活動一覧へ

 

学内に室内プールや、陸上競技場や野球場、ゴルフ練習場なども完備されているのも強さの秘訣になっています。美しい自然の中で共に学び、共に汗を流す時間は、素晴らしい青春の思い出になることでしょう。

 

歯学部紹介

特色1 独自のカリキュラム & グローバル教育 & 特待生制度 の相乗効果

松本歯科大学では独自のカリキュラムにより初年次から学生が自ら能動的に学ぶ姿勢を醸成しています。毎週(第2~4学年は隔週)月曜日の1時限目は前週にあった科目のテスト(ウイークリーテスト)を実施しています。学生は自分の理解度を把握でき、教員は学生の理解度の状況に応じた授業を行えるようになり、知識を習得していくシステムが構築されています。

 

 

また、海外からの留学生を学部生として積極的に受け入れており、学生生活を通じてお互いの文化を学び合い、尊重し合うグローバル教育が行われています。卒業後に、世界中に同級生が散らばり活躍することには素晴らしい価値があります。

入試においても特待生制度を設けており、優秀な学生が入学してきています。その学生が中心となり、周りの学生を引っ張って学習しています。

 


このように独自のカリキュラム & グローバル教育 & 特待生制度の相乗効果によって、学習習慣を身につけ自ら学ぶという意欲の高い学生が増え、学生全体の実力がアップし、その成果が国家試験の合格率にでてきています。

 

 

特色2 eラーニングを駆使したCBT対策

近年の国家試験の合格率向上の要因として、CBT(Computer Based Testing)の成績が躍進していることがあります。CBTとは、卒前臨床実習開始前の歯学部学生が取得すべき基本的知識・問題解決能力を評価する客観的試験です。

 

 

そのCBTにおいても松本歯科大学(第4学年)は、2014年以降全国平均点を上回り、成績は上昇しています。CBT対策としては、第4学年を対象にスマホでCBT用の問題集にアクセスできるようe-ラーニングも充実させました。

また、第6学年はデイリーテストを実施して、8割以下だとチューターが問題点をチェックし、手厚くアフターフォローをしています。

 

 

特色3 キャンパス中に広がる学習スペース

松本歯科大学では、キャンパス中に数多の自習スペースが点在しています。仲間と話しないながら勉強できるスペースもあれば、一人で集中して勉強するブースもあります。カフェスペースにある自習スペースでは、教職員がよく行き来するので、通りかかった先生を呼びとめて、分からないことなど質問できるし、いろいろ話し相手になってもらえます。試験前は大勢学生が集まって勉強しています。

 

キャンパスのみならず、CAMPUS INNや附属図書館にも学習スペースがあり、自分のお気に入りの勉強場所を見つけるのも、入学後の楽しみになるのではないでしょうか。

 

 

卒後研修

 画像クリックで卒後研修専用ページへ

 

2008年に完成した歯学部附属病院は、美しい外観と機能的な最新設備を備えています。歯科だけでなく、医科の診療科も入っており、医科歯科連携が求められるこれからの時代に合わせた教育にも対応していくことができます。 

 

 

特別診察室では最新の機器が完備され、目の前には信州の美しい自然が広がります。学生は、この素晴らしい附属病院で研修を積むことになります。

 

宇田川信之歯学部長からのメッセージ

 

  2019年7月3日撮影

 

入試情報

松本歯科大学では、総合型選抜(旧AO入試)、学校推薦型選抜(公募制・指定校)、校友子女選抜、一般選抜、共通テスト利用選抜、留学生選抜、編入学選抜など多くの入試方法を設けています。

2020年度より、一般選抜の試験会場に福岡会場が追加され、6年間の授業料が年額70万円になる特待生1種選考試験を新設しました。

 

画像クリックで入試詳細ページへ

 

 

パンフレット

松本歯科大学では、入試向けのパンフレットを用意しています。たくさんの情報と魅力がぎゅっと詰まった内容です。

下記画像をクリックすると、閲覧・ダウンロードページへリンクします。

 

 

 

松本歯科大学HP

 

 

松本歯科大学の受験情報はこちらからもご覧いただけます

 

執筆者

WHITE CROSS編集部

WHITE CROSS編集部

臨床経験のある歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士・歯科関連企業出身者などの歯科医療従事者を中心に構成されており、 専門家の目線で多数の記事を執筆している。数多くの取材経験を通して得たネットワークをもとに、 歯科医療界の役に立つ情報を発信中。

LINEで送る

記事へのコメント(0)

人気記事ランキング

0825_2の画像です